2017年07月20日

Mk18MOD0にDSG組み込み

前回投稿の記事でのMk18MOD0ですが、メカボの調整は
すでに実施済みでした。

SHSの13:1を3枚カットにてキレ重視のセッティングにしてました。
しかし、ギアノイズが少し高めでしたので再調整をしてみようかとバラしてみました。


メカボ取り出し。
シム調整からやり直すので各パーツの洗浄から始めます。



が、いきなりシリンダーヘッド崩壊。
VFC純正を使用していますがこんなことは初めてです。
交換しなきゃならんじゃないか。




再調整ついでに購入してからずっと放置されていたギアを使用してみます。
SHSのDSGです。 あくまでもレスポンス・キレ重視ですので鬼サイクルは目指しません。

ピストンヘッドは打撃音の軽減になるかと思い、VFC純正アルミピストンヘッドからG&Pの
ライトウェイトピストンヘッドに交換します。



メカボ洗浄後、スパーとセクターのベアリング軸受けを外してメタル軸受けに
交換します。

ベアリングはSHS、メタル軸受けはZCの物を使用してます。



メカボ割れ対策を行います。
これは細い丸棒ヤスリを角に当ててゴリゴリするだけなので簡単です。



ピストンのラックへDSG共通の加工をしました。
硬いので少し手間が掛かります。リューターとかないと出来ないです。


シリンダーヘッドAOE調整の為には崩壊したやつからクッションを引っぺがして
貼り付けました。
2重の厚さになりましたが、静音にも一役買ってくれることを願います。


AOEもいい感じではないかしら?
たまたまですが、厚みがちょうどよかったみたいです。



タペットプレートはSHS付属品ではダメでした。
セミでは問題ないのですが、フルでは給弾されません。
マルイ純正のタペットプレートをDSG規定の長さにカットして組み込みました。
目検討でこんなもんかな?程度でカットしましたが、問題なく給弾されています。
小加工として、タペットのスプリングを1巻カットしてスプリングを強くしました。



LiPo7.2Vでの計測結果です。
モーターはZCハイスピードハイトクルモーターです。

セミのレプポンス・キレが凄いことになっています。

スプリングは手元にあったM120を組み込んでいます。
初速はちょうどいいのではないでしょうか?
当初M130を組み込もうかと思っていましたが、入れてたらアウトでしたね。




LiPo11.1Vでの計測結果です。
初体験のサイクルです。

もうね、コンプレッサーだよね。ホース繋げたら浮き輪とか膨らませ
られるんじゃないの?って感じ(個人的感想ね)

事前にネットで情報を集めましたが、給弾・気密に関わるタペットの
調整がメインでしょうか?
ギアの組み込み自体はメカボのメンテができれは問題ないと思います。

ピストンのラック加工など少し手間の掛かる部分はありますが、
組み込みに関しては思ってたよりすんなりできました。

鬼ハイサイを作りたいわけではないのですぐ飽きてしまうかもしれませんが
セミのレスポンスとしてはとても良いと思います。



多段マグを持っていない私には
ちょっと運用できないんじゃないのか?




  


Posted by 森蔵  at 00:06Comments(0)VFC Mk18MOD0